[Reference] Nukemap


■Nukemap

Google map上にnuclear bombの影響範囲をシュミレートします。過去の核爆弾のデータを元に計算してるようなので、割と正確らしいです。
ターミネータジェネシス、核爆弾破裂のショットで、シュミレーションにこの情報を活用したそうです。(監督がリアルにこだわったため。)

http://nuclearsecrecy.com/nukemap/

[TP] Shape Collision Dynamics-Active/Neutron/Frozen


忘れるので、メモ。「Neutron」と「Frozen」の意味をいつも反対に覚えてる。名前付けわかりずらい。。Neutron(中性子)って中間の状態と思うよな。

Active - Select this option to make the particles in the selected group respond to all forces, including dynamic simulations.

Neutron - When this option is active, all particles in this group will be treated as a passive dynamic object. By passive dynamic, we are referring to how the particles will react to other particles and objects within your scene. Collisions between this passive object and other particles will occur, but it will remain uninfluenced by both the particle collisions and forces in your scene.

Particles in this group will also not respond to any force fields or space warps.

Neutron = 受動的なグループモード。コリジョン計算はするが、どんなフォース、スペースワープにも影響されない。


Frozen - Activate this radio button to get hybrid particle behavior. In this state, the particles in the selected Group behaves somewhere between the Active and Unyielding states. All particles in this group will be born as dynamically sleeping. In other words, they will not respond to any forces at all except impulses (such as collisions - only forces like Gravity and Wind will have no effect when in sleep mode). In the event of an impulse interacting with the particles in the group, the particles will become dynamically awake and respond to standard dynamics like other active objects.  

Frozen = シュミレーション計算される状態(Active)と受動的な状態(Neutron)の両機能を搭載。パーティクルが生まれたときは、Neutronの状態だが、implusesの値のみ受け付ける。(要するにコリジョンですね)この値によって、NeutronからActiveの状態に変化する。

[Vray] vray for max script


https://www.vray.com/vray_for_3ds_max/manual/maxscript.shtml

VIDEO COPILOT LIVE! 2016


■■Video Copilot セミナー

■■17:30 インスタレーション/BEYOND
■wonder screen
http://www.takenaka-co.co.jp/webten/EJ_2016/wonder_screen.html
透過するスクリーン。通常プロジェクタのスクリーンよりは、ホログラムのように映像が浮き出たように見える。
このスクリーンに投影+レーザー+踊り子 のインスタレーションを上演しました。

■■17:45 セッション/佐藤隆之
■star treck beyond END TITLE(期間:3週間制作,1週間3Dの2カメに対応)
・3Dに対応するため、カメラアニメーションはcinema4D作成。FBXでAEにコンバート。
・オプティカルフレアなどAE内で使用するPlug-inの3Dのワールド限界値が36027辺り。なので、3Dソフト上で最大値が30000になるようにスケールダウンして、カメラやNullをコンバートをした。

■cinema4D turbulence FD (星雲を簡単に作成)
http://www.tmsmedia.co.jp/portfolio/turbulencefd/
■AE plug Fractal Rama (惑星オブジェがAE内で簡単に作れるPLUG)
http://www.flashbackj.com/videorealmmedia/fractal_rama/

■お奨めAE Free Plug-in
https://www.flashbackj.com/video_copilot/saber/
3D空間上でNullを2つ以上つくり、それらのアンカーポイントを結んでやれば、3Dデータとして扱いながらエフェクトをかけることができる。

■■18:30 セッション/Andrew Kramer
要約すると足らない素材は、自分で撮影することを強くおしてました。質疑応答の時間がなかったので、カメラの種類を聞けませんでした。
実演:グリーンバックでの人物撮影、1500~2000fpsのハイスピードカメラでインク、パウダーの爆発を撮影

■グリーンバック撮影
人物をグリーンバック撮影する場合は、人物を挟んだ前後にマーカーを置く。
恐らく、35mmフルサイズ撮影できる一眼にリグをつけて撮影してました。最近のCMは、Canon EOS 5Dで撮影することもあるようなので、ハイクラスの一眼で十分だと思います。

■ハイスピード撮影
マイクロカメラを使用して撮影、1500~2000fpsのハイスピードカメラ。メーカー、型番が聞けなかった。

■StarWars7(ホログラムの作成)
AE: Element3Dを使用。
■お奨めプラグイン
AE内でFluidを作成できる(煙、krakatoaの用な表現)プラグインが近日発売されるそうです。

[Reference] learning physical fluid simulation - What is vorticity?


流体力学のvorticityとは?
流体力学計算上の回転だったのか!wikiで”過度”と説明されてもピンとこないし。

https://www.youtube.com/watch?v=Tfi8BLca07M

[MAYA] trans/rotate Align MEL sample


string $targets[];
string $sel[]=`ls -sl`;

for ($obj in $sel)
{
if( `objExists ($obj+"NULL")` )
{
select ($obj+"NULL");
delete;
}

spaceLocator -n ($obj+"NULL");
parent ($obj+"NULL") $obj;
setAttr (($obj+"NULL")+".translateX") 0;
setAttr (($obj+"NULL")+".translateY") 0;
setAttr (($obj+"NULL")+".translateZ") 0;
setAttr (($obj+"NULL")+".rotateX") 0;
setAttr (($obj+"NULL")+".rotateY") 0;
setAttr (($obj+"NULL")+".rotateZ") 0;
};


Thanks for Mr. Kiyozuka.

[Backburner] AE submit example batch


cd /d C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CS6\Support Files


CMDJOB -jobName "AE Render" -description y -priority 10 -manager s00 -servers efx02 aerender.exe -project "L:\TEMP\TEST\bkbuner\bkBurner_TEST.aep"

pause