auto constraint


--ex.)
--target object = a, b, c
--select object = a001, b002,c005


for i in selection do (


 obj_tar = execute ("$" + (trimRight i.name "0123456789") )

print obj_tar
 i.pos.controller = Position_Constraint ()
 posConstraintInterface = i.pos.controller.constraints
 posConstraintInterface.appendTarget obj_tar 50.0


 i.rotation.controller = Orientation_Constraint ()
 OrientationConstraintInterface = i.rotation.controller.constraints
 OrientationConstraintInterface.appendTarget obj_tar 50.0

)

MAYA mel: fpsとレゾリューションをMELで設定。


//30 fps
currentUnit -time ntsc;

setAttr "defaultResolution.width" 1200;
setAttr "defaultResolution.height" 960;
setAttr "defaultResolution.deviceAspectRatio" 1.25;

Preview avi の名前を自動変更。


setSceneName = "test"

max preview
copyfile  ((getDir #preview)+ "\\_scene.avi") ((getDir #preview)+ "\\" + setSceneName + "_max2AE.avi")

helperのみを選択


select (for h in helpers where h.category == #standard collect h)

新規 LayerManager をつくる。


-- create new layer
layer = LayerManager.newLayer()
-- set layer's name
layer.setname "My Layer"
-- add nodes to layer from selection
for n in (selection as array) do layer.addnode n

MAYA FPSを変更



import scripts memo


importFile "M:/tmp01.abc"  using:Alembic_Import
$Alembic.name = "tmp01"

select "tmp01"

importFile "M:/tmp02.abc"  using:Alembic_Import
$Alembic.name = "tmp02"


--
importFile <filename_string> [ #noPrompt ] [ using:<maxclass> ] 
有効な読み込みプラグインを使用してファイルを読み込むことができます。読み込まれるファイル タイプは、 .dxf には DFX、 .3ds には 3DS DOS というようにファイル名の拡張子によって決まります。
#noPrompt フラグは、既定値の設定を使用する場合に、設定 ダイアログ ボックスまたはコントロール ダイアログ ボックスが表示されないようにします。
オプションのキーワード引数 using: を指定した場合は、それぞれの I/O クラスが使用されて読み込みが実行されます。複数のプラグインで同じファイル フォーマット拡張子がサポートされている場合に便利です。3ds Max 8 以降 で使用可能です。
使用可能なすべての読み込みプラグイン クラスを確認するには、 importerPlugin の値の .classes プロパティにアクセスできます。このプロパティでは、インストールされているすべての読み込みプラグインが返されます。


例:

print importerPlugin.classes